FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説の好み

単純に言えば、
レイプもの、SM、調教、ペット、奴隷
などの検索ワードで出てくるものが、好み。

けれど、その中にも当然、
いろんな作品があり、感じるものとそうじゃないものがある。


どちらかというと、体を蹂躙するだけより、
心を蹂躙されるものの方が好み。

うまく言えないけれど、
たとえばご主人様と奴隷がいたら、

叩かれる痛みに怯えての服従よりも、
捨てられる悲しみや寂しさに怯えての服従、
官能を与えてもらえないもどかしさからの服従、
そんなようなものを好みます。

愛する人からの突然始まる調教、なんていうのも。

最近読んだ中では、
帰ってきた赤い首輪@羞恥小説  」というところの小説が当てはまっていて、
ツボにはまった分、感じさせていただきました。

好きだから言うことを聞いていたはずが、
言うことを聞く度に感じ、開花させられていく…

女性が堕ちていく過程に感じるのです。

書きながら、濡れています。
早く、続きを読まなければ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yurimousou.blog.fc2.com/tb.php/5-bdb082c3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。