FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう,今日3個目の記事になってしまいました。

とはいえ,中学の時のことは,何も更新していないのですが。


今日は,旦那が家にいたので,うかつに書いていられなかったのです。
パソコンだと,画面が大きいから,すぐバレるのじゃないかとひやひやしていますし。

違う部屋にいる間に,チョコちょこっと,書いている状態です。

記憶をたどりながら書いている、中学の時のことは,ちょこっとずつ書くのはわたしには難しく,
書こうと思ったときに,切りのいいところまで一気に書きたいので,
なかなかタイミングが難しいです。


そして,タイトルのことについてですが。



自分が,高校生くらいのときに読んで,衝撃を受けた物があります。

たぶん,

「美紀の手記」

というようなサイトだったと思います。

薄いグレーの文字で,美紀さんのご主人様との出来事を綴ってあるところだったと記憶しています。

その当時,自分の部屋にはパソコンがなく,家族共有でしたので,
読みたい願望と,寝るときには読めないという現実の中で,
いっきにブログを紙に印刷して,
ホチキスで順番に留めて、部屋に持ち込んだ記憶があります。

もちろん,検索履歴や,インターネットの履歴などは,自分の知識の中で,消し去りました。
家族の中でパソコンが一番得意だったのは,わたしだったので,そこは安心できました。

そして,夜,布団に入っては,その記事を読み進め,
オモチャはまだ持っていなかったので,指で,ひたすらいじっていました。


そんな読み方をしていたので,
何度か見た後に,しばらくたって続きを見ようとしたときには,
そのサイトは閉鎖されてしまっており,
見ることはできませんでした。

美紀さんの言葉で,閉鎖する旨が書かれていたのですが,
他のサイトで再開するかどうかは書かれていなかったように思います。

内容や,どんな文章形態だったのか,
細かいところまでは覚えがないのですが,

ほんっとうにわたしを感じさせてくれて,
のめり込ませてくれました。

自分の経験も,わたしを変態にしていますが,
他の小説サイト様同様,美紀さんのブログも,相当わたしに影響しています。

また,読みたいのですが,見つかりません。

もし,ご存じの方,
または,心当たりのある方,

または,万が一,ログをお持ちの方,

わたしにまた読むチャンスを与えていただけたら幸せです。


記憶の中では,

著者  美紀さん  または  美樹さん

美紀さんのご主人様  Kさん またはRさん  

だったように思います。

ご主人様のイニシャルに至っては,美樹さんがそのように記していたので,名前も分からないし,
どちらのイニシャルが当たっているのか,それともどちらも違うのか,分かりません。


情報,お待ちしております。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

こんばんは

リンク貼らせて頂きました
今日もブログ読ませて頂きました

これからも宜しくお願いします

リンクありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

思いつく限りで検索かけてみましたが、当たりませんでした。
(´・ω・`)ショボーン

書物で陶酔できるあたりが、いいですね!


わざわざ探してくださりありがとうございますv-237

諦めるか、気長に探すかの、どちらかしかなさそうですね(;_;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yurimousou.blog.fc2.com/tb.php/20-95661ad2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。